スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平成25年(第22回) 戦歿者追悼平和祈念の集い(広島)
戦歿者を追悼し、英霊に感謝の誠を捧げる8月15日

記念講演

沖縄県民斯く戦へり

~知ってほしい 真の沖縄~



「生徒たちの晴れやかな顔は、御国にご奉公できる、
純粋なよろこびで輝いていた」
 (沖縄県立第三高等女学校教諭の手記より)

講師 鈴木 由充 氏  月刊誌「祖国と青年」編集長

   昭和46年、愛知県生まれ。
   平成6年早稲田大学卒業。
   平成9年から「祖国と青年」編集部。
   平成22年8月より「祖国と青年」編集長。
   平成24年12月号「沖縄県民斯く戦へり」を連載。

日時 平成25年 8月15日(木)
    10時   英霊感謝祭(広島護国神社主催)
    10時50分 戦歿者追悼平和祈念の集い開会
    11時   記念講演
    12時   黙祷 (全国戦没者追悼式に合わせて正午の時報と共に黙祷)
          天皇陛下のお言葉を拝聴
    12時15分 閉会


会場 広島護国神社 参集殿

【戦歿者追悼平和祈念の集い参加費 1,000円 *学生無料】

主催 日本会議広島  会長 松浦雄一郎

参加申し込み・問合せ先 
TEL082-831-6205 
メール info@jp-pride.com



「沖縄県民斯く戦へり」より

 十月十日、米軍空母艦載機が那覇を襲った。午前七時前から午後四時前までほぼ丸一日、五次にわたって行われた空襲で、市街地の九割が焼失し、死者六百六十八名を出した。米軍は、フィリピン反攻への牽制としてこの空襲を行ったのだが、沖縄では「いよいよ米軍が沖縄に進攻か」と一気に緊張感が走った。

 この、沖縄における「初めての戦争体験」ともいうべき那覇空襲を、那覇近くの中学生、女学生たちはどのように受け止めたであろうか。

 首里の沖縄県立第一中学校の校門には、空襲の翌日、「当分の間、休校とする。別命があるまで自宅待機」の掲示が貼られた。にもかかわらず、上級生を中心に登校できる生徒は学校に赴き、軍作業に従事したという。軍はそれほどまでして、自分たちの陣地構築を優先させたかったのであろうか。そうではない。生徒たちは自宅待機などしていられなかったのだ。

 沖縄一中の五年生だった武富良浩氏は、当時の生徒たちの気持ちについて、次のように語っている。

「被害者意識ばかりを強調する今どきの沖縄戦研究者にかかると「軍国主義に毒されていた」の一言で片付けてしまうのですが、少なくとも私たち上級生は「我々にも学校経連で鍛えた戦闘能力がいくらかはあるのだから、敵上陸という事態になれば、学校から言われなくても軍の特攻基地がある与那原(島尻郡大里村)に集結し、迎え撃とう」と申し合わせるほど、国を護る気概に燃えていました。自宅待機だからといって、漫然と家にいるべきではない、というのが当時の私たちの正直な気持ちでした」

 また沖縄一中よりさらに那覇に近い沖縄師範学校女子部本科二年生の新里サキさん(後に沖縄戦で戦死)は、空襲から約一カ月後の十一月十五日、疎開した妹に宛てて次のように記している。

「十月十日の忘れることの出来ないあの空襲、あれから早一ヶ月余り経ています。思い出すに身ぶるいがします。然し皆はもう落ち着いています。一時は休校になっていた学校も既に復校するようになりました。決戦下空襲は必然的なものなので、それ程不思議に恐怖を抱いていません」

 彼女の家は、妹だけでなく、家族みなが本土の縁故を頼って疎開していたのだろう。あなたも早くこちらに来て家族一緒に暮らしましょう、という家族の心配に、彼女は心から感謝しつつも、次のように記すのである。

「貴方やお家の人が私達のことを気遣ってくださるお心に私は感謝で只只涙が出るばかりです。ほんとうに皆一緒に生活出来たらどんなに嬉しいことでしょう。想像するだけでも心がわくわく嬉しさに躍ります。お母様からも是非来るようにとのお手紙を頂いて泣きに泣きました。(中略)後五カ月もすれば卒業だし卒業を前に控えてもそちらに行くのは何だか逃げるみたいですから止めます。(中略)こちらもほんとうに決戦の場ですからここにいる私達も兵隊になった気持ちでいます。ですから今は無き者だと思っていれば何ともないでしょう。二週間に一度の休養日を楽しみに毎日作業、増産に励んでいます」

 「敵上陸という事態になれば、軍の特攻基地がある与那原に集結し、迎え撃とう」と確かめ合う中学生、「こちらも決戦の場ですから、私達も兵隊になった気持ちでいます」と言って学校に留まる女学生―決戦前夜の沖縄は、紛れもなく、こうした人々の間に漲る「国を護る気概」によって支えられていたのである。(平成24年1月号より抜粋)
スポンサーサイト

テーマ:戦没者慰霊 - ジャンル:政治・経済

日本会議広島主催 | 14:24:45

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。